Google bot(グーグルボット)が情報を集めてインデックスを作成する「インデックスサーバー」

 

2008年Google様のオフィシャルブログで一意のURLは1兆を超えたと報告された。

膨大なWebページから情報を集めてくることを「クローリング」と言います。

クローリングするロボットを「スパイダー」と呼びます。

Google様のスパイダーは、Google bot(グーグルボット)です。

このGoogle bot(グーグルボット)がWebページを巡回して、情報を集めてくれます。

集められた情報は一時的に「リポジトリ」と呼ばれるデータサーバに保存されます。

インデックスサーバーは、リポジトリから情報を抜き出して「URL」と「キーワード(重要な単語)」を関連付けて登録を行っています。

 

 

Google bot(グーグルボット)の考え方を理解できれば、アフィリエイトに成功できる。

 

私たちアフィリエイトを志す者は常にスパイダーの働きに合わせてWebページを更新しているのです。

Google bot(グーグルボット)の考え方が分かれば、SEO(探索エンジン最適化)で上位表示をすることができます。

しかし、Google様は、ヒントは教えてくれますが、Google bot(グーグルボット)のシステムについての全容はについては公開しません。

公開することで悪用されてしまうから。

そのシステムが利用されて本来上位表示すべき内容ではないページを上位にインデックスさせるのはGoogle様としては本意ではありません。

ユーザーが求めている情報を上位表示させることが本来の目的です。

 

だからこそ、我々アフィリエイターはオリジナリティ持っていて内容の濃いユーザーに求められている情報を掲載していくことを優先し、

その傍らでアフィリエイトをする必要性があるのです。

 

アフィリエイトメインのページでは上位表示のWebページを作ることは困難です。

だからこそ、アフィリエイターは常に自分の書く記事内容、テーマ、キーワードを考えて記事を書いています。