皆さん、こんにちは!

大明司一利です。

 

脱水症・熱中症にならないための水分補給の意外と知られていない知識

 

暑い夏が続いています。

脱水症や熱中症が騒がれています。

あなたの水分補給は大丈夫ですか?

 

今回のテーマは、最低限の正しい水分補給の知識です。

夏を乗り越えるための武器(知識)を身に付けて、さあ実践だ!

 

 

脱水症の原因は水分不足だけではない

 

ちなみに私、以前ダイエット中に急に朝身体が動かず救急車を呼んだことがあります。

身体がしびれて筋肉が思うように言うことが聞かず、力が入らないような状態になりました。

病院に搬送されて血液検査をして分かったこと。

電解質(塩分)の不足でした。

 

診断結果は脱水症。

 

え?クーラーの効いた部屋で汗もかいていないのに脱水症?

不思議に思いましたが、意外と知られていないこと。

脱水症の原因には以下の二つがあるとのことです。

・水分の不足によるもの

・電解質の不足によるもの

 

ダイエットしている方、電解質(塩分)の不足にご用心!

 

 

 

 

水分補給に必要な水分の量

私たちが汗や尿によって1日に排出する水分量は約2,300mlです。

食事や食べ物の代謝で得られる水分量は約1,300ml(個人差あり)です。

ですので、1日最低限1Lは水分補給が必要なのですが、これでは、足りません。

 

ここで大切なことはは、1度にたくさん飲んでも吸収されず排出されてしまうため少量ずつこまめに飲むということです。

 

コップ一杯の水を定期的(起床時、食事中、入浴前後、就寝前)に飲むことを生活習慣にしていきましょう。

 

 

コーヒーや紅茶は水分補給目的では飲まない

 

これも意外と知られていないようです。

水分補給に適していない飲料があります。

紅茶やコーヒーです。

なぜかというと、これらにはカフェインが含まれています。

カフェインには利尿効果を高める性質があるため、水分補給を目的として飲むのには適していません

紅茶を飲んでいたにもかかわらず、脱水症になってしまったなんて話もよく耳にします。

注意が必要です。

 

 

正しい知識を得て、暑い夏を乗り越えましょう(‘ω’)ノ