【WordPress】JetpackでTwitterを連携できるが#ハッシュタグが付けられない件

【WordPress】JetpackでTwitterを連携できるが#ハッシュタグが付けられない件

JetpackでTwitterを連携している方が多いようですが、万能だと思われたプラグインJetpackにも残念な点があります。

それは#ハッシュタグが付けられないまま自動投稿されてしまうという点です。

これを改善するプラグインが存在します。

#ハッシュタグを付ければ、Twitterからの外部流入が増えるはず!

まずは、Jetpackって、そもそもがどうなの?

Jetpackに対する世間の声も参考にしてみよう!

Jetpackに対する世間の声

Jetpackは#ハッシュタグが付けられないプラグイン

JetpackでTwitterを連携している方が多いですが、残念ながら、#ハッシュタグが付けられない。

#ハッシュタグが付けられないということは、#ハッシュタグで検索されない。

これでは、SNSを活かせてないということになります。

では、どうすればいいのか・・・

#ハッシュタグを付けられるプラグインがある!

「WP to Twitter」というプラグインです。

このプラグインであれば、#ハッシュタグをつけることができます。

#ハッシュタグに「記事のタグ」を指定して自動投稿ができるという便利機能。

これを使えば#ハッシュタグが自動で入り、何の手間もいらずに自動投稿が可能です。

いつも通り記事を書いて送信。それだけでTwitterからの流入が増える。やらなきゃ損です!

Jetpackを止めたときのデメリット

普段Jetpackを使っている人が「WP to Twitter」にプラグインを変更した場合。

それまで使っていたJetpackの機能がすべて止まります。

例えば、

・Jetpackの解析が見れなくなる(←結構見やすくて便利だけど使えなくなります)

・各プラグインの自動アップデート機能も止まる(←これも便利な機能。手動になってしまう・・・)

・他にもいろいろ・・・

ではどうしたらいいの?

簡単です。JetpackのTwitter連携機能のみ止めて使えばいいのです。

あんまりプラグインが増えるのは好ましくありませんがね・・・

関連情報

この記事に関連した情報は以下の通り。

WordPressプラグイン「Jetpack」でプラグインを自動更新にする方法 WordPressプラグイン「Jetpack」でプラグインを自動更新にする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。