Amazon Prime 会員向け購読プログラム「Prime Reading」へのご招待メールが届いた!!

Amazon Prime 会員向け購読プログラム「Prime Reading」へのご招待メールが届いた!!

 

Prime会員向け購読プログラム「Prime Reading」へのご招待がきた

昨日ですが、Amazonからよく分からない(?)メールが届いていました。
メールに書いてある内容は次の通り。

Prime会員向け購読プログラム「Prime Reading」へのご招待メール内容

Amazonから届いたご招待メールの内容は次の通りです。

Kindle ダイレクト・パブリッシング チームからのメール内容

Kindle ダイレクト・パブリッシングをご利用いただきありがとうございます。

この度、AmazonのPrime会員向け購読プログラム「Prime Reading」(「本プログラム」)にお客様のタイトルをご招待したくご案内申し上げます。本プログラムは、著者の皆様とその作品を、Amazon を頻繁に利用しているお客様に宣伝することを目的としており、本プログラムにおいてAmazon プライム会員は追加料金なしで、対象となるタイトルの中から何冊でも本を購読することができます。Kindle ストアで、読者への露出度アップの機会としてぜひご利用ください。Amazon では、本プログラムを Amazon 全体で積極的にプロモーションしています。

対象となるタイトル(「対象タイトル」)については、下記のリンク先からご確認ください。本プログラムへの参加にご同意いただくと、参加に同意いただいた対象タイトルが、下記基準日から1年間(以下「掲載可能期間」といいます。)のうち約6ヶ月間、本プログラムに掲載される対象本の候補となります。本プログラムへの参加にご同意いただいた後、対象タイトルを本プログラムに実際に掲載させていただいた場合には、別途Amazonからお客様に対して、当該タイトルの掲載開始に関するお知らせをさせていただきます。また、本プログラムにおける対象タイトルの掲載の対価として、対象タイトルの掲載期間満了後に、リンク先に記載の各金額を 1 回限りお支払いさせていただきます。なお、下記に記載する各対価のお支払いを除き、本プログラムへのご参加及びタイトルの掲載に関し、通常のロイヤリティ等の支払いはありません。

本プログラムにご参加いただくためには、掲載可能期間中を通じて、参加に同意いただいた対象タイトルをこのプログラム及びKDP セレクト プログラムに登録いただいている必要がございます。上記のとおり、お客様はこのプログラムへの掲載に関してはロイヤリティを受け取ることはできませんが、上記各タイトルは本プログラム外で引き続き販売されますので、当該販売数に基づくロイヤリティおよび Kindle Unlimited の購読ページ数の算定対象となります。読者がKindle Unlilmitedに会員登録済みでAmazonプライムの会員でもあった場合で、読者が上記各タイトルを購読した場合の購読ページ数は、Kindle Unlimited における購読ページ数に算入されます。Kindle Unlimited を利用していないプライム会員が使用する端末から本が購読された場合は別途のロイヤルティのお支払いは発生しません。お客様の上記タイトルが本プログラムに参加している期間は、お客様は同じタイトルをKindle オーナー ライブラリーで提供することはできません。

招待コード:ここは秘密(笑)
基準日:3月22日

本プログラムへのご参加の可否について、https://books.au1.qualtrics.com/jfe/form/SV_e4jFaZQAYyAlVat
にアクセスして必要事項をご入力いただき、リンク先の内容をよくご確認いただいたうえで「同意の上、参加します」又は「参加しません」を選択してください。ご参加の可否は2月19日までにご回答くださいますようお願いいたします。

ご不明な点がありましたら、お気軽に https://kdp.amazon.co.jp/self-publishing/contact-us までご連絡ください。お客様の作品をさらに多くの読者にご紹介できることを楽しみにしております。

お客様により満足していただけるサービスをご提供できるように努めてまいります。
今後ともよろしくお願いいたします。

Kindle ダイレクト・パブリッシング チーム

Prime会員向け購読プログラム「Prime Reading」に出展登録してみた

最初に思った。

・文章長い!読むの面倒!
・AmazonのPrime会員向け購読プログラム「Prime Reading」って何よ!?

しかし、ここは我慢。しっかり読んで見て内容を確認。

どうやらAmazonのPrime会員は「Prime Reading」を利用できて、それに出展しないか?Kindleでの収入も継続して入るから、安心して登録しないか?掲載に対する対価は1回限りだけどいただける。
というものらしい。

メリットはあまりこの文面だけでは見えていないが、私の書籍が対象に選ばれたことは大変うれしい。

Prime Reading

ちなみに今回選ばれた私のKindle書籍が下記の通り。
Unlimitedなら無料で読めるのでぜひ読んでみて。

Twitter(ツイッター)のフォロワーを自動で増やす!話題のツールを検証!: ネット上では話せないアフィリエイトの真実

この書籍が数ある私の書籍から選ばれたようです!
え、これだけ?もっと選んでよとも思いましたが(笑)

出展登録するかは悩みませんでした。
こういう新しい試みは私、大好きです。
そこから新しいビジネスが生まれる可能性だってあるし、前向きにどんどん参加していきたいというのが本心。

そして、ちょっと気になる「対価」というものが1回限り貰えるらしい。
私のこの書籍は「アフィリエイト」というニッチな書籍でありながら、今現在もKindleで1万位以内をキープしている私のKindleラインナップの収益を支える書籍です。

「よし、まずは登録してみよう!リンクをポチっと。そして、この招待コードを入力すればいいんだな。スタスタスタ・・・」

Amazonがくだした私の書籍の対価とは!?

出ました。対価1万円
安いのか高いのかは分からないが、とりあえず貰えるものは貰っておこう。
ただ、この書籍の価値=対価とされるのはちょっと納得できない。

なぜなら、彼(この本)は今までに1万円という価格をはるかに超える金額を稼ぎだしてくれているから。
まあ、その思いは胸の中にしまって、とりあえず、登録。
AmazonのPrime会員向け購読プログラム「Prime Reading」で、3月22日からダウンロード可能になるようですね。
そういえば、私もAmazon Prime会員だった。

「Prime Reading」で掲載されたらチェックしてみます。

ネットビジネスって、こういう思いがけないことや収益が発生するから面白い!
フリーランスの喜びを感じられる瞬間です。
Amazon様、ありがとうございます!!

私も使っている「Amazon Prime video」&「Amazon music」の登録はこちら。

「Kinde Unlimited」も読み放題でおすすめ。勿論、私も使っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。