楽天koboに電子書籍が出版できない(要確認)理由と対処法【Kindle・Google Play】

楽天koboに電子書籍が出版できない(要確認)理由と対処法【Kindle・Google Play】

 

楽天koboに出版できない

Kindleなどですでに電子書記を出版されている方は更なる収益化を目指して新しいプラットホームを探すことが多い。

その中でKindleに続いて優秀な電子書籍出版先の候補として楽天koboが挙げられる。

しかし、Kindleと同じようにEPUB3のファイルにするだけでは出版ができません。

私も20冊以上の書籍を出版していますが、1冊のみだけしか出版ができませんでした。

そこで、楽天kobo充てにメールで質問してみたところ、理由と対処法が明確になりました。

楽天koboからのメールの返信内容

楽天kobo充てにメールで質問してみたところ、返信された内容は次の通りです。

楽天koboからの返信メール

件名【Koboライティングライフ】お問い合わせの件につきまして

お客さま

Koboライティングライフカスタマーケアでございます。
楽天Koboライティングライフをご利用いただき、ありがとうございます。

このたびお問い合わせいただいた件について、まことに恐れ入りますが、
審査の結果、出版とならなかった作品につきまして、作品ごとに具体的な
ご案内を差し上げることはできかねますこと、あらかじめご了承ください。

改修いただきたい内容については、ダッシュボード上の作品一覧にて
「要確認」のページに作品ごとにご確認・修正いただきたい内容を
記載させていただいておりますので、書籍データ修整後、EPUBデータの
再アップロード操作をお願いいたします。

なお、コンテンツポリシー上、本文および商品説明欄において
外部サイトへのリンクや外部サイトへの誘導を示唆する表現は
禁止しておりますので、ご注意くださいますようお願いいたします。

外部サイトについては、個人サイト、販売サイトや特典ページなどを含みます

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

※赤文字は特に重要な箇所です。

楽天koboに出版する方法(出版できない理由と対処法)

上記のメールの返答を簡単にまとめると、出版するためには、

・外部サイト(個人サイト、販売サイトや特典ページなど)へのリンクをなくす。

・外部サイト(個人サイト、販売サイトや特典ページなど)への誘導文をなくす。

ということです。

様々なプラットホームを利用してきたが、規制が厳しいのが、この楽天koboです。

楽天koboにどうしても電子書籍を出版したいのであれば、

電子書籍のリンクや誘導文を削除して、楽天kobo用に編集が必要になってきます。

ですので、ちょっと手間がかかりますが、編集するしかないようです。

私自身、いろいろ試してみましたが、結果は「要確認」でした。

 

ここからは、わたくしの個人的な不満というか疑問になります。

そもそも電子書籍って外部リンクなどを利用できることがメリットだと思うのですが。

そのメリットをなくすように指示をしてくる楽天koboの意味が分かりません。

上記のメールの返信文では、「コンテンツポリシー上」とは書かれていますが、イマイチどうして外部リンクと誘導文がだめなのかが分かりません。

 

ちなみに多数のプラットホームに登録しましたが、このような規制があるのは楽天koboでした。

他のプラットホームで外部リンクを禁止するところはありませんから!楽天さん見直してくださいよ!と言いたいくらいの気持ちになってしまいますね。

 

とは言うものの、楽天koboで出版したいのであれば、楽天koboのルールには従うしかありません。

苦労はしますが、報酬ゲットのためです!ファイルを編集しなおしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。