大明司一利のプロフィール | アフィリエイトコンサル

はじめまして!大明司一利です!
PC1台で稼ぐノマドワーカーです

大明司一利

大明司一利とは

大明司一利の基本プロフィール

出身:栃木県宇都宮市
血液型:A型(もっと詳しく書くとAO)
職業:ノマドワーカー
勤務地:カフェ&自宅
性格:情熱的でモチベーションが高め
長所:PCを1日中いじり続けられること
短所:PCを1日中いじり続けて他は何もしないこと
趣味:食べること
好きな食べ物:餃子、コメダのモーニング
お酒:そこそこ好き
料理:しない(食べること専門)
TV派?YouTube派?:断然YouTube派

大明司一利の資格

高等学校教諭一種免許状
Webクリエイター能力認定試験(エキスパート)合格
.comMaster(アドバンス)試験合格
基本情報技術者試験合格
I Tパスポート合格
サーティファイ日本語ワープロ(Word)技能標準試験2級合格
サーティファイ表計算(Excel)技能標準試験2級合格

ノマドワーカーと言うと、優雅な生活をしているイメージがありますが、そんなことはありません。

浜辺でコーヒーを飲みながら自由気ままに生きる写真を掲載するノマドワーカーの人が多い。
ですが、現実は違います。

私、大明司一利の歩んだ経歴を踏まえて詳しくお話いたします。

大明司一利の経歴(独立前)

独立するまでの経緯をお話いたします。
幼少期から現在に至るまでをまとめています。

小学生の頃からPCオタクです

私の家庭には幼少期からPCがありました。
父がPCオタクでその影響もあり、MS-DOSで小学生の頃から
本を片手にプログラムを組んでゲームを作ったりしていました。

初めてPCに夢中になり始めたのは小学生の頃です。

小学生らしいPCゲームで遊びたいという動機からPCオタクに変貌します。
当時はまだフロッピーディスクの時代です。PC98〇〇シリーズの頃です。
近所に電商というPCゲーム専門のショップができて夢中になりました。

ある日、フロッピーディスクのPCゲームを購入します。
しかし、そのゲームはフロッピーディスク1ドライブでは遊べないゲームでした。
遊ぶためには2ドライブが必要なゲームで1ドライブしかない自分のPCでは物理的に遊ぶことが不可能です。

小学生の遊びたいという好奇心はとても旺盛で、諦められず何が何でもゲームで遊ぶために書店で立ち読みして必死に調べました。
当時はネット環境というものがそれ程普及されていなく、調べる時は本がメインでした。
・・・そして、仮想ディスクという情報にたどり着きます。
「これだ!この方法なら1ドライブでも遊べる!」
小学生ながら必死に勉強して仮想ディスクを構築し遊ぶことに成功します。

この出来事がPCにハマってPCオタクになっていく私の起源です。

親が親なら子も子

私の父もPCオタクです。
現在、老後の生活を満喫して旅行などを趣味としている父ですが、やはり私と同じPCオタクです。

時々、実家に帰ると、1日中PCをいじっています。
株や仮想通貨で資産運用をしている父ですが、ブログなども書いていて1日中PCデスクで作業をしています。

ちなみに、家のことは母に全部任せて何もしません。
食事、風呂、寝る時以外はPCデスクから離れません。
これは母のバックアップがあってこそ成立している生活です。

「そんなに一生懸命PC作業しないで、老後を満喫して、のんびり生活したら?」と、私も提案するのですが、父の生活は変わりません。

「お風呂掃除やゴミ捨てくらい担当すれば?」と、言っても、やりません。やってもその日だけ。

とにかく起きてから寝るまで1日中PCをいじり続けるんです。

・・・たぶん、PCが大好きなんだと思います。

そして、気付きます。「・・・あ、自分も同じだ(笑)」

充実していたサラリーマン時代と突然の退社

大学卒業後に新卒として、物販企業に就職しました。
全国に100店舗位ある店舗展開、フランチャイズ展開がメインの会社です。
海外にも店舗を持っていて、業界ではそれなりに有名な企業です。

新卒1年目は、店長の元について毎日OJTです。
福島→茨城→福島と半年間位で転々と引っ越しして、いろいろな店長の元でOJTの毎日。

1年後に店長に就任し、再び茨城→岩手と引っ越ししながらスキルを磨いていきます。

当時から結構勉強熱心だった私は優秀な店長の真似をしました。
そうすることで、確実に売上は上がりました。
でも、それでは満足しません。
私の目標は昨年対比ナンバー1のカリスマ店長になってMVP社員として社員総会で表彰されることでした。

それなりの業績を出していたのでエリアマネージャーに昇任します。
岩手エリアのエリアマネージャーです。3店舗の店長のマネージャーです。
その後も業績を上げていき、宮城北エリアのマネージャーに就任します。
10店舗の店長のマネージャーです。
この時にMVP社員として社員総会で表彰される目標をクリアします。

この頃が自分が一番燃えていた社畜時代です。
楽しかった、本当に楽しかった!毎日が充実していた!
この時は単純にそう感じていて、日常に心底満足していました。

テレビに出演したり、経済新聞にも個人として一面にも掲載されました。

その後、最前線の関東エリアのマネジャーに就任し、社長と共に仕事をする機会が増えていきます。
マネージャーはエリアマネージャーを統括します。
事業部統括の3本柱の1人に昇任します。
しかし、この時に会社に大きな変革が現れました。
中途採用の雇用が積極的に始まりました。
そして、会社に派閥というものができます。

派閥争いに巻き込まれ、「会社の売上を上げたい!」という純粋な想いが打ち砕かれます。
派閥争いとか本当にくだらないです。
自分の担当する関東エリアから多くの社員が辞めていきました。
派閥争いという毒牙にかかり疲れ果てて辞めていきます。

それをマネージャとして見ていることしかできなかった自分はとても弱い人間でした。
売上の上げ方のノウハウは持っていても、派閥争いで立ち回るノウハウはありませんでした。

そんな想いを社長や役員が集まる関東会議で打ち明けます。
ありがたいことに役員からはとても親しくされていたこともあり、「それ以上言うな」と止められます。
しかし、良い会社にしたいからこそ最後まで話したい。
想っていることを全て話し、初めて会社で涙を流し、出た言葉は
「今日限りで退社させていただきます。」

社長にも考え直すように止められましたが断りました。
当時の私は何も考えず、ただまっすぐで純粋な若者でした。

ひたすら努力し続けた副業時代

その後、私は、何もあてがありませんでしたが、毎日が休みになります。

今まで経験したことがないような自由な生活です。

いつもより時間をかけて、食事をしたり、歯磨きをしたり、お風呂に入ったり・・・
そこには、自分のために使える時間が存在しました。

サラリーマンの頃は何事も時短で効率良く動くことに拘っていて、自分のために時間を使っていないことに気付きます。
より自分のためになる何かを始めなきゃという意識が芽生えます。

初めての副業の選択に失敗

ここで始めたのがブログです。
当時はアメブロ全盛の時代。
アメブロの記事更新を毎日継続しました。
趣味のゲームのブログを2か月間書き続けるうちに1日のPVが5,000を超えます。
しかし、しばらくして気付きます。
いくら多くの人が読んでくれても自分の収益にはならない。

そして、独自ドメインでブログの運用を始めます。
それがこのブログです。合わせてYouTube動画投稿も始めます。

毎日夢中になり、ある日、1つの動画がバズります。
アニメ関連のチャンネルの動画の1つが100万再生を記録します。
コメント欄が賑やかになり、どんどん伸びる再生数と収益に驚きました。
その動画だけで13万円くらいの収益になりました。
そのお金を元手にハイスペックPCを購入し、ネットビジネスが加速し、Kindleでの電子書籍出版も始めます。
出版を始めた初月で、3冊くらい出版して2万円程度の売上でした。

そんなことをしているうちに雇用保険の受給期間が終了します。

この時点では、ネットビジネスで独立できませんでした。
転職を決意します。

転職は独立するための選択肢を選ぶべし

「転職するからには将来のネットビジネスに役立つ仕事をしたい!」

そう思い転職した先は専門学校の情報処理の教員です。
当時私は、情報処理の資格は何もありませんでしたが、熱意だけが認められ転職します。
毎朝4時から5時に起きて勉強して学生に情報処理を教える日々が2年近く続きました。
毎日の睡眠時間は4時間から5時間程度。
国家試験やベンチャー系の試験にも合格しましたが、体はボロボロになりました。

1週間緊急入院をして、即退院、職場に復帰します。

しかし、その職場ではあまり貢献ができませんでした。
それはそもそも、自分の得意分野ではなかったからです。
得意分野でないことを学生に教えていく日常に葛藤が生まれ始めました。

今になって気付きますが、得意分野でないことを仕事にすることは費用対効果が低すぎます。

そして、某有名ホテルのWEB担当者に転職します。2回目の転職です。
この職場では、ホームページの記事の作成や管理、販促物の作成などを担当し、IllustratorやPhotoshopのスキルが身に付きました。

この職場では、本当に今の時運に必要なスキルを身に付けることができました。
スキルアップのための修行のような日々です。
仕事は大変ですが、自分のための時間がそこには存在しました。

この頃には電子書籍出版の継続は勿論のこと、ココナラや他のプラットフォームでの活動もしていました。
しばらくして、安定した収入が得られるようになり、独立を決意します。

大明司一利の経歴(独立後)

独立後、まずは地元の栃木県に帰省しました。
餃子で有名な街「宇都宮市」が私の故郷です(笑)

ここからは自分のための時間のみが存在する毎日です。
しかし、サラリーマンの頃のような保障が一切ありません。
長年、サラリーマンを経験してきた私は、どちらのメリット、デメリットも良く理解しています。
妥協のできない毎日です。

ネットビジネスで独立した後の日常

サラリーマン時代とは全く違い、1日の終わりには反省や翌日のプランを考えてから就寝するようになります。
仕事量や仕事の質が伴わなかった日は、後悔し反省もします。
毎日毎日、収益を上げるための知恵を絞って絞ってPDCAをひたすら繰り返します。

1日のPC作業時間12時間。勉強時間4時間。睡眠時間6時間。その他2時間。
インプットと並行してアウトプットを繰り返します。

・・・大変?辛い?苦しい?って思いますか?

ネットビジネスで独立したら毎日が充実していた

それが全然思わないんです!!
努力は勿論必要ですが自分の成長や結果に結びつきます。

ものすごく毎日が充実しているんです!!

やったこと全てが自分に返ってきます。
会社勤務では1年で昇給する金額には上限がありますが、ネットビジネスは無限大です。

収益だけではありません。
ブログやサイトの制作、コンテンツやスキルの提供販売、電子書籍出版などを継続していると、プラットフォーム上やメールでコメントやお問い合わせをいただくことが多いです。
しかも、感謝のメッセージをいただく機会が増えていきます。
人には承認欲求があります。
感謝されると素直に嬉しく仕事のやりがいを感じます。

私は、基本的にモチベーションが高いです(笑)
温かいメッセージをいただくことで、さらにモチベーションが上がります!!

皆様の感謝と期待の声に応えられるようにより良いサービスを提供していきます。

ネットビジネスは奥が深くて実におもしろい!
生涯賭けてやれるものを見つけました!

大明司一利