【障害年金申請】うつ・パニック障害など/各種相談(LINE対応可能)

うつ(鬱)病、パニック障害など30年選手です。
そんな経験者だからこそできる、対処法、各種相談(愚痴でも何でもOKです)、障害年金申請に関する失敗しないアドバイスなどなど。
ご本人、ご家族様からでもお気軽にご相談下さい。
情報は知っているだけではダメです。
活かしてこそ役に立つ(意味がある)のです。

障害年金の困ったを解決します

悩みや症状は人それぞれですので個々のケースでの最善を探りましょう。
あなたの不安の全てを受け止めます。
※先ずはお見積からでもお気楽にどうぞ

ご相談はこちら

解決事例など

・初診日がわからない
・初診の病院が廃院(カルテも無し)
・病院変えが多かったり医師の理解も薄い
・遡及も申請(受給)できる可能性
・社労士は使いたくない
・医師との適切な信頼関係の築き方
・通院はしていたが普通に働いてもいた
・そもそも申請できるの?何級程度?
・他県(遠方)へ引越した為、手続きが複雑
・年金事務所や役所での振舞い
・家族やパートナーの理解が無い
・体調に波があり考えがまとまらない
・申立書や就労状況の総合的アドバイス
・精神障害者保健福祉手帳との関連性
・申請するメリットやデメリット
・そもそもの取り掛かりから受給まで
・1度途中で断念した方も支援します
・心身不調の対処法や適切な逃げ方
・とりあえず今の生活を変えたい!

メンタル系の不安は尽きないと思いますが豊富な経験を活かし個々のケースに合った対処法をアドバイス出来ると思います。お気軽にどうぞ!

その他生活全般の不安、グチ、趣味の話や雑談でも何でもOKです。
あなたのお悩み全てを受け止めます!

一緒に一歩踏み出し穏やかな人生を構築しましょう☆

障害年金って何?

障害年金とは

障害年金とは、万が一病気やケガで障害を負っても、一定の金額が支給される制度で、いわゆる公的な社会保険の一つです。

障害年金は、自営業・専業主婦・学生が対象の「障害基礎年金」と、サラリーマン対象の「障害厚生年金」とがあります。

「障害基礎年金」は全国民が対象でもありますので、サラリーマンは「障害基礎年金」と「障害厚生年金」の両方が対象となります。

どんな病気が対象?

障害と言うと、発達障害や知的障害などの先天性の障害、手や足切断などの肢体の障害を想像する方が多いですが、 人工透析や癌、うつ病や若年性アルツハイマーなどの精神疾患、パーキンソン病まで様々な傷病が対象になります。 実際に総務省の統計によると、傷病カテゴリ別で見た受給者の割合は、1位が精神障害で31.0%、2位知的障害23.2%、3位脳血管疾患8.1%となっています。

※ 障害者手帳の等級とは異なるので注意

障害年金ってどのくらいもらえるの?

診断書

それぞれの種類によってもらえる金額が違ってきます。

障害基礎年金(平成27年度4月1日現在)
障害基礎年金は定額です。1級は2級の1.25倍となっています。

1級 780,100円×1.25=975,100円
(+子供がある場合には更に加算額)

2級 780,100円
(+子供がある場合は更に加算額)

子の加算額
1人目・2人目の子
1人につき 224,500円

3人目以降の子
1人につき 74,800円

※子とは次の者に限ります。
・18歳年度末(高校を卒業する年齢)までの子供
・障害等級1級または2級の障害状態にある19歳までの子供

障害厚生年金(平成27年度4月1日現在)
障害厚生年金の額は、厚生年金に加入していた期間の長短、給与の額(払っていた保険料の額)などで異なります。

1級の障害厚生年金の報酬比例年金の額は、2級の1.25倍です。

2級の障害厚生年金の報酬比例年金の計算は、老齢厚生年金と同じ計算をします。

尚、若くして障害を負ってしまい厚生年金の加入期間が短い方は年金額が低くなってしまうので、加入月数300月未満のときは、300月として計算します。
また、3級の場合には、年金額が低くなりすぎないように最低保障額が設けられています。

1級 報酬比例の年金額×1.25+障害基礎年金1級(+配偶者がある場合は更に加算額)

2級 報酬比例の年金額+障害基礎年金2級(+配偶者がある場合は更に加算額)

3級 報酬比例の年金額(最低保障額585,100円)

障害手当金 報酬比例の年金額×2年分(最低保障額1,170,200円)

配偶者の加算額 224,500円

障害の程度の基本となるもの

障害年金をまともにもらえない

障害等級 1級
他人の介助を受けなければ自分の身の回りのことができない程度

障害等級 2級
必ずしも他人の助けを借りる必要はないが、日常生活は極めて困難で労働により収入を得ることができない程度

障害等級 3級
労働が著しい制限を受けるか又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度

障害手当金
傷病が治ったものであって、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度

過去の支給事例

国民年金・厚生年金保険年金証書

例1(厚生年金の加入者)
うつ病で障害厚生年金 2級受給された方の場合
障害基礎年金2級(約78万円)+障害厚生年金(約74万円)
※障害厚生年金部分は報酬比例なので金額は人により変わります。

例2(国民年金の加入者)
双極性障害で障害基礎年金2級受給された方の場合(18歳未満の子供あり)
障害基礎年金2級(約78万円)+子の加算(約22万円)

以上の金額は、すべて年間の支給金額です。
偶数月の15日にその前2か月分ずつ、ご指定の口座に振り込まれてまいります。

※障害年金は非課税所得です

ご相談はこちら

☆ご利用者の体験談☆

最初は何もわからずどの様に書類を書くのか?程度にしか考えも知識も無かったが、
お話を聞いてみて、申請の進め方に対して、凄く重要な部分が良く分かりました。
初めの1歩を教えて頂いただけでも、全く違います。
最後まで二人三脚で進めると確信し今は平穏を取り戻しました。本当に頼りになります。
(40代 女性 S様)

初診日などが曖昧で苦戦しておりました。
診断書が重要な事はネット等で知っていましたが、
その他にも最善を尽くさないと今は審査が厳しい事を実感しました。
社労士を使わないでも出来た事で自分にも自信が付いた気がします。
遡及も通り、生活の安定が心の安定に繋がり以前より体調もいいです!
親切なアドバイスありがとうございました。
(30代 男性 T様)

ご相談はこちら

mental life design©