WordPressで記事を書くときに毎回プラグインのアップデートをするのって結構面倒ですよね。

そんな時に使える機能が「Jetpack」のプラグイン自動更新の機能です。

 

毎回、私もWordPressでWebサイトを作る際に、プラグインの自動更新をしなきゃと思い、やろうと試みるのですが、何故かその方法を忘れてしまっているんです。

単純な作業なのですが、忘れてるんですね。そんな人多いんじゃないかな。

そんな人がネット検索をして、今このサイトをご覧いただいているのかもしれません。

WordPressプラグイン「Jetpack」でプラグインを自動更新にしよう

 

WordPressプラグインJetpack」がインストール、有効化されていれば、プラグインを自動更新することができます。

Jetpackって、結構いろんな機能があるから見落としがちですが、とても便利な機能ですので覚えておきましょう。

 

では、プラグイン自動更新の方法を説明いたします。

まずはWordPressの画面で「Jetpack」をクリックしてください。

次にクリックするところがポイントです。ここをクリックするのを忘れてしまうんです。

 

画像右上の「View More Stats on WordPress.com」をクリックしてください。

 

 

次にプラグインを選択して、自動更新にしたいプラグインをONにするだけです。

新しいプラグインを導入したら再設定が必要か

 

これ、ほんとに忘れがちです。

新しいプラグインの自動更新を設定する必要があります。

 

自動更新を設定した際に、そのときにインストールしてあるプラグインは全て自動更新になるのですが、新しくインストールしたプラグインに関しては、その都度、自動更新の設定が必要になります。

 

私自身、忘れてて、更新を促されることがあるのですが、その都度、いけねっ、設定しなきゃと追加設定しています。

追加設定と言っても上記に書いた画面を開いて、自動更新のスイッチをオンにするだけです。

忘れずにオンにしておこう。

いや、忘れてもいいんだけど、促されたときはこの話を思い出してオンにしてくださいね。