【海外旅行】コミュニケーション機能付きパスポートケースがおすすめ!

【パスポートケース】コミュニケーション機能付きがメディアで話題【海外旅行】

言葉の壁を変える魔法のパスポートケースが話題になっています。
海外旅行に行っても、「言葉が通じない」という悩みを持つ方が多いです。
人との交流が旅の醍醐味であるはずなのに海外旅行でコミュニケーションが取れないというのはもったいない。
国も言語も飛び越えて、海外の人々とコミュニケーションを可能にする話題のパスポートケースをご紹介いたします。

魔法のような機能を有する新しいパスポートケースである

海外旅行でコミュニケーションが取れる魔法のパスポートケースには、まさに「魔法」が込められています!
この魔法のパスポートケースは「Ecomi」(イーコミ)という商品名です。
商品名の「Ecomi」(イーコミ)は「Easy Communication」の略です。

海外の人々とコミュニケーションが驚くほど簡単に取れる、まさに魔法のパスポートです。
この魔法のパスポートを海外の人々に見せるだけで簡単、お手軽に次のような反応が返ってきます。

魔法のパスポートケース漫画

「え?どうして?どんな魔法がパスポートに込められているの?」と思いましたか?
ネタばらしは「【公式】Makuake(マクアケ) | 新たなチャレンジを応援‎」をご覧ください。

「見せる」だけでコミュニケーションのきっかけを作ってくれる魔法のアイテムです。

しかし、ここで誰もが思うはず・・・

「ふ~ん、面白いね」で終わってしまうんじゃないの?
これだけでは話が盛り上がらないでしょ?

魔法のパスポートの素晴らしいところは、これで終わらないところです。
「インタレスティング・カード」という秘密アイテム6枚が付属品となっています。
こちらの付属品に関しても上記の公式ページで詳細が書かれているので、ご覧ください。

明治大学研究特別教授「杉原厚吉」氏が監修している

おすすめするのには理由があります。
「インタレスティング・カード」という秘密アイテムを監修している人物に注目してみました。

魔法のパスポートケースの付属品である6枚のインタレスティングカードは、先日もTVで紹介された(でんじろう先生の番組)著名人である明治大学研究特別教授「杉原厚吉」氏が監修しています。
杉原厚吉氏のプロフィールは以下の通りです。

杉原厚吉プロフィール:1973年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了後、電子技術総合研究所、名古屋大学、東京大学,明治大学などを経て、2019年4月より現職。専門は数理工学。ロボットの目を開発する研究の中で、不可能図形のだまし絵を立体化する手法を見つけ、立体錯視の分野へも研究を広げてきた。さまざまな不可能立体を創作し、立体錯視アーティストとしても活躍している。国際ベスト錯覚コンテスト優勝3回(2010年、2013年、2018年)、準優勝2回(2015年、2016年)。
出展:Makuake「言語の壁を越える 首下げ・薄型パスポートケースEcomi By Georiem」

 

魔法のパスポートケース「Ecomi」(イーコミ)先行予約の記念として、杉原教授特別講演の開催が決定しています。

日時:2020年4月12日(日)14時~16時
場所:東京都台東区入谷1-27-4 プラーズ入谷2F「加瀬の会議室 入谷ホール」
講演タイトル:立体錯視の最前線 ~脳が生み出す不条理の世界~

先行予約販売であるため、まだ世に出回っていない魔法のパスポートを入手できるチャンス!
そして、特別公演まで観に行けるチャンス!!

魔法のパスポートが海外旅行での外国人とのコミュニケーションにおすすめ

魔法のパスポートケース「Ecomi」(イーコミ)を使って、言葉をほとんど必要としないコミュニケーションを実現し、有意義な海外旅行をお楽しみいただいてはいかがでしょうか?

「【公式】Makuake(マクアケ) | 新たなチャレンジを応援‎」で詳細をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。